上手な作文の書き方とは

上手な作文の書き方について
作文を上手に書きたいと考えている時はまず風景等に関する情報を詳しく書き込めるようにし、詳細な内容を読み手に伝えられる状態にしなくてはいけません。
例えばどこへ行って何を見たとだけ書くと薄っぺらい内容になりますが、こうした文章に加えて情景の情報をプラスすることでより良く出来るのです。
家族全員で公園に行きましたと書き込んだ後は自然豊かで風がとても気持ち良く、居心地の良い所だったと付け加えることで、豊かな内容となります。
すごく・沢山・面白かったといったありふれた単語を変えるようにし、もう少しだけ良い言葉に置き換えることで作文の質が上がります。
沢山といった表現をあちらこちらに変える・面白かったですを圧倒されてしまったに変える・無駄な言葉を全て省くといった点を意識しましょう。

【参照元:クレア作文学校

使わない方が良い単語について
作文を作る上で使わない方が良い単語はドキドキやワクワクといった表現で、こういった言葉は使わないあるいは別のキーワードに言い換える必要があります。
ドキドキといった表現は胸が高鳴るなどに変えることで良い内容に出来ますし、楽しいなどの言葉は全てカットして良いです。
これだけで書き手が何を伝えたいのかを分かりやすく説明出来るようになり、ダラダラとした印象を与えなくなるのです。
緊張感が高まるやこれまでに経験したことがない不安といった言葉を入れることでも良い文章に出来るので、こうした点も意識するのが良いです。

最新記事

  • 上手な作文の書き方について 作文を上手に書きたいと考えている時はまず風景等に関する情報を詳しく書き込めるように …

    上手な作文の書き方とは

  • 効率的な英語の勉強について 英語をきちんと勉強しつつ最終的にはきちんと喋ることが出来る状態になりたい時は、作文 …

    英語の作文について

  • 卒業文集の作文について 卒業文集の作文が学校で書く最後の長い文章のことであり、原稿用紙の枚数も多いですから本腰 …

    卒業文集の作文とは